メニュー

硝子体注射

視野の中心が見えにくい、ゆがむ
…これらの症状の改善・進行防止に、抗血管新生薬(抗VEGF薬)を注射します。

硝子体注射の概要

硝子体注射の費用

全額健康保険適応 1割負担の方     約20,000円(片眼)
3割負担の方     約60,000円(片眼)

※費用は個人差があります。上記金額は手術のみの大まかな目安としてお考え下さい。

適応となる疾患

  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 病的近視
  • 糖尿病黄斑浮腫

上記4種類の疾患は、いずれも網膜の中心である黄斑部において網膜内や網膜下に出血や浮腫(むくみ)が生じることによって、視野の中心が見にくくなったり、ゆがみを自覚したりする病気です。
これらの病態の発生には、体の中にある血管内皮増殖因子(VEGF)という物質の働きが影響していることがわかっており、その働きを抑える作用のある抗血管新生薬(抗VEGF薬)を眼内の硝子体という部分に投与することで、病状の改善あるいは進行の抑止を図る治療です。

日本眼科学会のHPに、個々の目の病気に関する詳しい情報が掲載されています。
ぜひ参考にご覧下さい。
minfo_gakkai
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME